ヘアタトゥーはどこで施術しても安全?


あなたの薄毛対策は何派?薄毛治療を大別すると「植毛」「育毛」「カツラ」(ウィッグ)など、色々とありますよねぇ。まぁ、どれも一長一短があるので、一概にどれが良いのか言えません。しかし、ここのところジワジワと流行りつつあるのが、ヘアタトゥーと言われる技術。ご存知の方も多いかと思いますが、頭皮に刺青のように色素を注入するものです。

全国各地とは言えませんが、各地で「ヘアタトゥーやっています」と謳っているところがあります。しかし、実際どこでやっても同じように安全、安心した治療ができるのでしょうか?ということで、今回は全国どこでやっても大丈夫なのか?ということについて調べてみました。

医療ヘアタトゥーはどこでできるの?

世界的に浸透しつつあるヘアタトゥーですが、日本ではまだまだ体験者も少ししかいません。現在、日本で施術できるところはいくつかあるのですが、諸外国に比べると限られた地域しかありません。しかし、大きな都市では施術しているので、そこに問い合わせをしてみるのが良いでしょう。東京、横浜はもちろんですが、北海道、大阪、名古屋などでも専門医が行なっています

医療ヘアタトゥーはサービスを受けられるところも

病院によって異なりますが、サービスが受けられるところも多々あります(一例)

❒遠方から飛行機、新幹線、長距離バスなどの交通機関を利用して施術に訪れる場合は、長距離割引をしてくれるところもある。
頭皮のモデルになると施術料が半額になったり、◯◯%オフになるなど

医療ヘアタトゥーは専門機関での施術が衛生面で安心

薄毛治療の一環として認められているヘアタトゥーは、医療従事者(医者、看護師)しかできません。都内でもそうですが、お医者さん以外で「ヘアタトゥー」を行なっているのは、似て異なる刺青もしくはアートメイクの部類に入るので、正確には医療ヘアタトゥーとは呼べません😌

だから、安心かつ安全に施術をしてほしいと願うならば、間違いなく各地にあるお医者さんでしてもらわないと、アートメイクと変わりません。

医療ヘアタトゥーとアートメイク・刺青は根本的に違う

一般的に普及しているアートメイクや刺青とヘアタトゥーは根本的に違います。簡単に羅列してみましょう👍

❒医療従事者しかできない

上記したように、ヘアタトゥーは医療従事者しか施術できません。そこがアートメイクや刺青とは一線を画しています。お医者さんや看護師しかできないので、衛生面でも安心できます。
※誤解のないようにですが、アートメイクや刺青が不衛生という訳ではありません。最近では使い回しの針を使っているところはほとんどないので、不衛生ではありません。

❒金属成分が含まれていない

ヘアタトゥーで使っている染料は用途が薄毛隠し用に作られているものなので、金属の成分などが含まれていません。だから、MRIなどの検査を行なっても、ヤケドなどの心配はほぼないと言ってもいいでしょう✋
一方アートメイクや刺青は、金属などの成分を多く含んだものを使っているので、MRI検査ではヤケドに注意が必要!病院によっては検査を断られることもあります。

❒針は浅く入れるだけ

刺青は皮下組織に注入。アートメイクでも真皮にある程度深く刺し込みます(と言っても2mm程度ですが)。しかし、ヘアタトゥーの場合は表皮に・・・しかも、0.2mm程度の極々浅い部分に刺し込むので、痛みがほとんどありません。また、医療行為として行うので、麻酔医が頭皮に麻酔を塗布してくれます。

❒世界的に浸透しつつある

イギリス発祥のヘアタトゥーですが、今では世界基準で認められており、イギリスはもちろん、アメリカ、ヨーロッパなどでも浸透してきています。もちろん刺青の歴史などは古くからありますが、これらはあくまでもファッションだったりする事が多いですよね。しかし、ヘアタトゥーは完全な医療行為なので、薄毛治療として認められており、薄毛男性の悩みを解消してくれているんです✌

部分ハゲや全ハゲ対策厳選のヘアタトゥークリニック

頭皮にタトゥーをすることにより部分的、全体的に髪があるように見えます。粉やパウダーと違い都度行う必要はありません。ヘアタトゥーは医療行為ですのでちゃんとした経歴がある方にお願いしたほうが安全です。ヘアタトゥーを行うなら小児科医としての経歴をもつ表参道首藤クリニック(メディカルSMP)というクリニックがおすすめです。

公式ページはこちら↓




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。